ありきたりクソブログ

つまらない日常から頑張って面白いこと探してます。真面目なことも書きたい。

楽しいことしたい。お金だいすき。

お金がないので治験をやることにした【後編】

 

(前編)

 

 

こんちは!

 

前編を読んでからこの記事を読むことをオススメします。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

f:id:cmarc:20170812085349j:plain

 

事前検診を無事終えたわたしだったが

まだ受かってもいないのに13万もらえるつもりで意気揚々としていた

というのも健康面にかなり自信があり今まで病気なんてほぼないし、お腹もすっごく強いしまぁ落ちることはないと思っていた。

 

 

 

 

しかしここで一つの強敵が立ちはだかる

 

 

続きを読む

お金がないので治験をやることにした【前編】

 

f:id:cmarc:20170811222017j:plain

 

こんばんは

 

 

お金を稼ぐ方法として僕のエピソードに沿って治験というものを紹介します

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんもご存知だとは思いますが、大学生というのは基本お金がありません。

 

 

私はどこへ旅行へ行くわけでもありません、飲み会はほどほどです。そしてアルバイトもまぁまぁしています。

 

しかしお金がないのです

 

 

なぜなのか、、、

 

続きを読む

卒論が始まらない

 

 

こんばんは

 

卒論テーマが絞れなくてなかなか始められません

ほとんどの大学生がぶち当たる壁だとは思いますが。

 

ホントにクソだるいです。

 

 

 

 

とは言っても卒論テーマプレゼンまで一週間をきっているので、やるしかないのです。悔しい、、、

 

とにかく今は、卒論を書くための一つ目のステップとして、興味のある事物をどのような視点で掘り下げていくか、ということを考えております。

 

そのためにsiniiやgoogle scholarなどで論文のタイトルを見漁って、

例えば、〇〇は日本にどんな影響を与えたか、とか〇〇をどこどこで流行らせるには、とかですね

 

 

ちなみにテーマの範囲は、比較的興味が持てるデジタル・IT系で攻めたいと思います。

しかしなーーんにも知識はないので辛い戦いになりそうです…

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

というか、このブログ、何か知見を得たことについて、私はこう思うとかそういったことを発信するために始めたんですが、いちいちブログにするまでもないことが多いので、そっちはもっぱらツイッターでやってます

このブログ自体ほぼ誰も見てないとは思いますが一応

 

 

ということでブログではなんかテキトーに書いていこうと思います

 

 

 

オーディオブックという神アイテム

 

 

こんばんは

 

 

今日は、知ってそうで知らなかった(私が)オーディオブックについてです!!

f:id:cmarc:20170809224255j:plain

 

オーディオブックとはその名の通り、本を読むナレーターがいて、その音声を聞くものなんですけど

実は私これの存在に今さっき気づいたんですが、なんでこれってそんな普及してないんですかね??めちゃくちゃ便利じゃないですか??

 

通勤通学時間とか、何かの待ち時間とか、本を読む機会が多いと思いますが、本って意外とかさばるし、バス電車で座れないと、立ちながらじゃなかなか読みにくいですよね。

でもこれだったらそんなの気にせずガンガン聞けるわけですよ

スマホに入れとけるし、バスで立ったままでも歩きながらでもいつでも聴けちゃいます。

 

 

めちゃ便利じゃないですか。しかもなんと、Amazonのやつだと、1ヶ月無料です。

Amazonプライム会員は3ヶ月無料です

 

 

ちなみに私は3年間タダで実質プライム会員になれるAmazonステューデントに加入してますので、3ヶ月無料でAmazonのオーディオブックを利用できました。

 

 

 

これからガンガン使っていこうと思います。

自動運転により自動車保険はなくなる!?

 

 

こんばんは

 

今日は損害保険について思ったことなんですけど。

 

最近自動運転が話題ですね。

 

f:id:cmarc:20170809183236j:plain

 

そこで思ったんですが、もし自動運転技術が進めば、事故がなくなるんじゃないかと。(もしくはかなり減る)

そうすると、運転手は安全だから事故も起こらないし、保険入る意味なくね??ってなるのではないかと。

 

 

 

そして、損害保険会社というのは、どこも、収益の半分くらいを自動車保険で賄っているそうです。

つまりその自動車保険がもぬけの殻となれば、収益は単純計算で半分減る!??という恐ろしい結果が待っているのではないか、と私は思っていました。

 

 

しかし、次の記事を見ることで、あ、自動運転にも弱点あるやん!リスクあるやん!ってなりました。

 

 

 

 

diamond.jp

 

後半を要約すると

「最近IoT化とか自動運転とか急ぎすぎではないか? というのも、インターネットにつながるモノが増えれば増えるほどサイバー攻撃の可能性は広がる。しかし、現時点でそれに対するセキュリティ対策が取れてなさすぎる。特に、自動車は不具合が起こればメーカーに訴えられるけど、ソフトウェアに関しては、PCが壊れてもメーカーを訴えられない。ソフトウェアベンダーはセキュリティ対策もしてないし無責任すぎ。ちなみにマイクロソフトはそのセキュリティ対策最近始めたから見習ってね」

みたいな感じだ。

 

 

 

 

そこでやっぱり思った。自動運転にもリスクあるんだ!!(二度目)

そして今真っ盛りのIoTにサイバー攻撃というリスクがあるのか!と。

 

 

つまりです、運転手のミスによる自動車事故そのものは減るかもしれませんが、サイバー攻撃によるリスクに関わる保険商品が作れるのではないかと考えました。

過去、ハッキングにより自動運転車のエンジンを止めることに成功しているそうです。つまり、サイバー攻撃を受ける可能性は十分にあるということです。

 

 

そして、もちろんこれは自動車だけでなくIoT全般に言えることです

 

 

これから、IoTが普及していくことで、セキュリティ面において、このサイバー攻撃というのは切っても切り離せないものになるのではないでしょうか。

 

つまりIoT製品全般において保険商品が作られる可能性がありますね!

 

しかし、それより先にセキュリティ対策がバッチリになる方が早い気もします…笑

 

 

以上です

歯磨きの疑問【みんな、いつ磨いてる??】

 

 

おはようございます

 

2日ほど投稿をサボってしまいました、、

また3日坊主になるのを繰り返すところでした、、気をつけます笑

 

 

 

現在、諸事情により、集団生活をしているのですが、歯磨きについて疑問が浮かび上がってきました。

 

 

というのも、みんな夜ごはん食べ終わった後は歯磨かないけど、朝起きて歯を磨くんですよ。そして歯を磨いた後に朝ご飯を食べるんです。

 

 

おかしくねぇ???

 

 

 

まぁみんなと言いましたが、全員ではなく6、7割くらいの人々なんですけど。

 

 

普通、歯ってごはん食べて、そのまま放置したら、食べ残しとかが菌によって荒らされたりするから食後に磨くじゃないですか。

なのに夕食後は磨かないで、朝みがくんですよ。

 

 

そして朝歯を磨いああとにご飯を食べて、歯を磨かずに出かけていくわけです。

 

 

おかしくないですか??

 

 

 

 

 

 

私は夕食後に歯を磨いて、朝起きて、うがいをして、朝食後に歯を磨くし、それが普通だと思っていました。

 

なのでこの習慣の違いにはびっくりです

結構こういう人たちって多いんでしょうか?

 

 

 

 

朝一で歯を磨く理由としては、起床後というのは、口内にかなりの菌がいると言われています、また、起きた時の口の中って気持ち悪いですよね笑

 

それで朝一に歯を磨くという人がいるのかもしれません。

 

しかし、その菌はしっかりうがいをすればとる事ができるのです。なので起床後はうがいをするだけで、朝食をとった後に歯磨きをした方がよいと思います。

 

 

 

 

中には朝一で磨いて、朝食後にまた磨く方もいるかもしれませんが、歯の磨きすぎも、エナメル質を削ってしまうという事で歯にとって良くないという話も聞きますので、ご注意を。笑

 

人生の今までの中で、一番の転機はなんですか?

 

f:id:cmarc:20170803213307j:plain

 

こんばんは。

 

今日は過去の一番大きな転機について自己分析します

 

 

私の思う一番の転機は高校時代にバスケ部をやめて、遊んでばかりいた時に先生の言葉を聞いて勉強し始めた時ですね。

 

その時の先生の言葉がなければ、勉強もおそらくしないで、大学にも行けてなかったと思います。

 

 

では順を追って思い出してみます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私が母校となる高校を選んだ理由は、「推薦で簡単に行けたから」でした。

学力的にちょうど良いし、高校受験をするのに勉強するのも嫌だしということでなんとなーくその高校に入りました。

 

 

そして、高校では、未経験のバスケ部に入りました。とても小さい中学だったので、中学時代は3つか4つくらいしか部活の選択肢がなく、そこでは3年間バドミントンをやっていました

しかし高校では部活数がめちゃくちゃ増えて、単純にバスケットをやってみたいと思い入部しました。

 

しかし全道大会常連レベルの強さの部活で練習も厳しく、何よりレベルの差が大きすぎました。周りには経験者しかいなく、なかなか練習にもついて行けません。

最初の1年を通して、ベンチ入りを果たすことはできたのですが、試合に出てもあまり活躍することができなく、そこで心が折れてしまいました。

練習もきついしみんなより上手いわけでもないのに、お金払ってなんでこんな辛いことしているんだろう、という考えになってしまって、1年が過ぎたころで退部することを決心しました

 

 

 

 

 

そうすると高校2年生からはすることもなくなり、遊んでばかりました、そこで遊ぶのにもお金が足りないということで、夏休みが始まる前頃にバイトをしたいと先生に相談しました(うちの学校は職員にバイトの申請をしないと働けませんでした)。しかし先生には「あんたはダメ」と言われ、渋々退散。

 

しかし冬休み前にもやっぱり遊ぶのにお金が足りないということでバイトの相談を先生にすると、先生はまたもダメだと言いました。なぜなのか深く聞くと、

あんたは勉強やればできるんだから勉強して、大学に行ったほうがいい。バスケ部はやめちゃったけど、正直、かなり練習時間で拘束されるうちのバスケ部やめたってことは時間もかなり余るんだからこれはあんたにとってチャンスなんだよ。と

 

 

私は何かしたくて高校に来たわけでもなく、バスケ部をやめてからというもの、高校生活に目的目標を持っていませんでした。なので特に何もせずぷらぷらしてたのですが、この時の先生の話を聞いて、何か衝撃を受けました。

 

 

私にも何かやれることがある、頑張れることがある、あんたはできる子だ。と言われた気がして、勉強を頑張ろう、と思えました。

 

 

 

 

 

 

 

今までテスト前は勉強していましたが、模試などは全く歯が立たないような人間でまともに勉強をすることもなかったのですが、先生の言葉が転機となり、2年の冬から猛勉強を始めました。

そうすることで、今まで100/240番未満だった私が、その大学に年間一人出るか出ないかくらいの志望校に合格することができました。

 

 

 

この先生の言葉がなければ、確実に高校時代の時間を無駄にし、今の私はいなかったでしょう。

 

 

 

 

 

以上です。