ありきたりクソブログ

つまらない日常から頑張って面白いこと探してます。真面目なことも書きたい。

楽しいことしたい。お金だいすき。

ただただ考える。就活について

 

今日は新たに得た知見ではないですが、久しぶりに「ただ考える」ということをしたので、それについて書きます。テーマは「就活」関係です

 

ちなみに見ている方もいるかもしれませんがためになることはあまり書いていないので流し読みくらいがちょうどいいと思います笑

 

 

 

私はインターネットが大好きで気になったことがあればすぐにネットで調べ自分で考えることはなかなかしない典型的なネットっ子??です笑

 

今までは講義のレポートがそうだったんですが、最近は就活的なこともしているので、インターンの志望動機であったり、学生時代に力を入れたこと、など書く機会があるのですが、どうやって書けばいいの〜〜状態で、まずはネットで調べてみようって感じです笑 

これは非常に悪い習慣ですよね。

 

 

昨日のホリエモンの話でもあったんですが「自分で考える癖をつけろ」ということだったので、久しぶりにネットから離れて少し考え事ごとをしてみました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

考えるきっかけはある企業のインターン情報をチラ見したことでした。

そこには、インターンの志望動機と将来の展望を述べよということが書いてあって、ちょうど暇だから考えてみよう。ということで

 

(ちなみに私は宅配のバイトをしていて車に乗っている時間が長いので、そこの時間を有効活用して考えてました。)

 

そもそも私はなぜインターンに行こうとしているのか考えてみました。

就活と言えることを何かしていないと不安だから?みんなしているから?した方が自分のためになりそうだから?楽しそうだから?純粋にその企業が気になるから?人と繋がりが持てそう?成長できそう?

 

いろいろ思い浮かびましたが、正直、その企業やインターンシップ内容によって結構変わってきます。しかしその中で、私の中で最も重視した方がいいものわかってきました。それは楽しいか楽しくないか、です。

 

そこにたどり着くにあたって、少し人生観を考えてみました。(大げさですが笑)

 

 

 

 

 

 

人生ってなんのためにあるの?

 

何故あるのかはわからないけど、楽しむことで人生を生きる意味が得られるのではないか。例えばお金は必要だが、それは楽しむためのツールの一つに過ぎない。

人との繋がりも自分の成長も全てツールとしてうまく活用すると楽しさに繋がると思います。もちろん楽しさといっても、ゲームをする楽しさがあれば、友達と遊ぶ、飲み会をする、仕事でやりがいを得る。など様々だと思います。その楽しさを得ることで人生が充実すると思います。

 

 

 

 

 

 

企業のインターンシップは、ただの企業の恒常的な業務体験であったり、新規事業の立案、アメリカまで行って色々やりましょう(某フリマアプリで有名企業)とか本当に様々です。その中でも仲間と汗水垂らして、夜も共にして一つの目標に向かって苦難を乗り越えて頑張りましょう。というような青春?チックなものもあったりします。これって楽しそうにみえません??

 

様々な考え方を持った人々がリアルで一堂に会し、同じ志を持って一つの目標に向かって行くって本当に素晴らしいことだと思うし、なかなかこんな機械でなければ得られる機械ではないでしょう。まるでサークルのようです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり就職活動を就職するためだけの活動で終わらせたくないんですよね。

就活を通して、人生を楽しむためのツールをたくさん手に入れたいのです(インターンに関してはそのものが楽しいことも)。そして就活ではそういったツールがゴロゴロ落ちていると思います。

このチャンスをものにしない手はないでしょう

 

 

以上です。

本当に話が飛び飛びで軸がブレまくって読みづらいですね笑

論理的に物事を筋道立てるって文章でもこんなに難しいんだって実感してます

 

 

 

 

では、次回は就活を絡めて、二要因性理論というものについて少し書いてみようと思います