ありきたりクソブログ

つまらない日常から頑張って面白いこと探してます。真面目なことも書きたい。

楽しいことしたい。お金だいすき。

【Amazon】Alexaは日本で流行るのか!?

 
突然ですが皆さんはAmazonEchoをご存知ですか?
今日はこれに関連したお話をしていきます!
 テーマは【Alexaは流行るのか!?】です
 
 
 そもそもAlexaってなんじゃ。って人がいると思うの説明しつつ考えて行きましょう。
 
 
Alexaというのは音声認識をして返事を返してくれるいわばSiriのようなものです。
そしていま、そのalexaを搭載したAmazonEchoという端末がアメリカでバカ売れしているそうです。
ちなみに他者ではgoogle home, apple homepad といった類似の製品が開発されています。その中でもAmazonが第一人者だそうです。
 
 
わかりやすくいうとappleiphoneのSiri、microsoftのwindows10のコルタナ、AmazonのAmazonEchoのAlexaといった位置付けですねー
 

f:id:cmarc:20170726082245j:plain

 製品自体はこの水筒みたいなやつですね。
 めちゃスタイリッシュでインテリアにもなりそうですね笑
 
 
 
これはさっき言った通り音声認識をしてくれる機械なんですが、じゃあSiriと変わらないし、わざわざこの端末を買う必要はなくない?と思いますよね。
 
 
 
 
そこでAmazonエコーの機能と特徴を紹介します。
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
機能としては、例えばいま何時?と話しかければ日時を教えてくれるし、音楽かけてと言ったら音楽をかけてくれます。
 
ここまでだとSiriとなんら変わらないんですが、
その他にもこれは、Amazonの製品なので、いつもの洗剤買っておいてーだとか、なになに買っておいてーということで、勝手に買ってくれたりするんです。
 
 
 
そして、この搭載しているalexaのすごい特徴がいくつかあって、その一つに、音声認識の精度があるんですねー。
Siriだとよく「聞き取れませんでした」だとか、予期しない意味不明な返答が返って来る時がよくありますよね。
対してAlexaは精度がとても高く、ストレスなくやり取りができるらしいです
 
また、他には、常に電源をつけっぱじゃないとダメなのか?と思うかもしれませんが、このAlexaは常にスリープモードで電気を食わない。しかし、話しかけるとなんと!1秒以内で返事が来るらしいんですねー
 
 
 
これはすごいことですね。
Siriでも常にiPhoneをつけっぱの状態で、なおかつSiriを起動して、話しかけても少し理解するまでにタイムラグがあります。
 
 
しかしAlexaはそんなことはなくストレスフリーで利用できるのです。
 
 
 
そんなことが理由でアメリカでバカ売れしているんですね。
そしてこれからこれがどんどん日本に上陸して来るらしいです。
 
しかし、アメリカで売れているからと言って、Amazonエコー(alexa)は日本で流行るのでしょうか。
 
 
 
ちなみにこういうアメリカで覇権をとった製品って、アメリカでばか売れしてるこんな製品がある!って日本に噂ではいって来てから 、他の国でも展開されたりして、日本に製品自体が上陸するのは結構後なんですよね。それってなんでかっていうと、日本は安パイだと思われてるんですよ。
つまり、アメリカでばか売れしたし、アメリカ大好き日本人ならどうせ後回しにしても真似して買うっしょ。みたいなことを思われているんです。
 
でもまぁそういうところも否めなくて、例えばポケモンGOもそうだったんですよね笑
 
 
だから後々日本にAmazonエコーがきて、Amazonはそれがばか売れすると踏んでいるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、いま日本に上陸してきて流行るのでしょうか、、、?
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
もちろんこういった音声認識の類の製品は将来必要不可欠なものとなるでしょう。そして、日本にもいつしかこれが手放せなくなるような未来があると思います
しかし、いま来たところで流行るんですかね〜〜
 
 
ここで、その問題に関わって来るAmazonエコーのもう一つの機能を紹介します。
 
 
 
それは色々な事物と提携できるということです。macでいうサファリに追加できるアドオンのようなもので、全世界の、企業、個人がalexaにこんな機能をつけましょうと言って新しいスキルを開発すれば、なんとそれを搭載することができるのです。
 
 
 
例を出すと、ドミノピザが、提携を希望して、alexaに新機能を追加すると、alexaに「ピザ頼んでー」なんていうとドミノピザが届いちゃうわけでうす。他にもあるタクシー会社と提携すれば、「タクシー家に呼んどいて」というだけで、家までタクシーが来てくれる。なんてことができるわけです。
 
 
そして、家電会社がalexat提携したIoT家電など発売して、それを買えば、意のままに家電を操ることができる時代が来るのです、、、!!!
 
これはかなりすごい機能なんです。そしてこれもアメリカでばか売れしている理由の大きな要素を占めています。
 
 
 
 
 
しかし、この機能は日本にあまり適していなく、製品に関しては日本という国の性質上なかなか普及しないと思われます。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
というのも
 
 
 
前者について、
アメリカという国は国土も広く、ちょっと買い物をするにしても車を出したり、少し距離があるところを移動しなければならないところが多いです。なので非常にこの機能を有効に利用できます。
 
しかし、日本で考えると、国土が狭く、ある程度の都市であれば、家のすぐ近くにコンビニやすーぱーなどが非常に多く立ち並んでいます。なので、この目玉とも言える機能は日本で最大限の力を発揮できないのです。
 
 
つまり、極端に言えば、あまり意味がないのです!!
 
 
 
 
 
 
いやまてよ、でも家電と提携できるのだけでもすごいじゃないか、その機能のためだけでも俺は欲しいぞ!という方もいるかもしれません。
 
しかし、ここにも落とし穴があると私は考えます。
 
 
というのも、日本という国は技術の普及がなんとも遅いのです!もちろん技術自体は保有しているのですが、それが広く普及するのにはかなりの時間を要します。
 
 
 
電子マネーがいい例ですね。
電子マネーなんて小銭を持たなくていいし、ピッてするだけだしめちゃくちゃ便利です。これもアメリカではもはや常識というか、普通です。でも日本では全然流行らないです。技術はあるのに。
なんでなんでしょうね??
 
都心はある程度進んでいるかもしれませんが、北海道の田舎では交通機関とコンビニかドラッグストアくらいでしか使えないです、、笑
 
新しい技術は怖いし、個人情報が流出しちゃう、現金の方が安心できる、とかばっか言ってる奴が多いからなんでしょうか。もう個人情報なんてあってないようなもんですよ。
 
電子マネーもこのように使える環境があまり整っていないのでうまく運用されていないですね。
 
 
 
 
 
 
 
つまり、Alexaも、それ対応した家電はなかなか出てこないんじゃないでしょうか、ということです。
出て来たとしても1,2社、そして1,2社であれば競争率が当然低いですよね。てことは価格が高いということです。
そしてalexa対応にしたことによって、他の普通の家電では搭載している高機能が搭載されていないっていう例がある可能性も考えられますね。
 
そうなるとこの家電を買う人は出て来るのでしょうか??ということです。
 
 
お金が少し余っている若干の富裕層くらいじゃないですかね??
 
 
 
 
 
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
まとめると、いま、日本にalexaが入って来ても、普通のサラリーマンのような人たちに普及するのはまだまだ先の時代の話なのではないでしょうか。という私の考えでした。
 
 
長々とありがとうございます。