ありきたりクソブログ

つまらない日常から頑張って面白いこと探してます。真面目なことも書きたい。

楽しいことしたい。お金だいすき。

インターンに行く必要は結局あるの?ないの?

 

 

 

こんばんは

 

 

今日は大学生らしい話題です。

 

ズバリ、インターンシップに行く意味はあるのか!?です

 

 

f:id:cmarc:20170803201735j:plain

 

大学3年の夏、インターンシップに行く人はかなり多いですが中にはなんとなく行くって人も中にはいると思います

 

行かないとなんとなく不安だからー、みんな行ってるからーとか。

 

 

 

 

ズバリ私はそういう人は行く意味はほとんどないと思います。

 

もちろんなんとなく行ってみたけど勉強になった、なんてことはあるとは思いますが、なんとなくで行く人と、しっかりとした志を持って行く人の成果物の差というのは非常に大きいと思います。

 

 

 

 

つまり行く意味を自分の中でしっかりと持っていれば行く意味はとても大きなものになると思います。

 

 

 

 

そして、インターンシップに行く人の中で、ベンチャー企業インターンは興味がなく、大企業のだけで良いという考え方を持っている人がいます。私も一時期そういう考え方でした。

 

しかしその考え方は危険です。

能力があり、普通に大企業にエントリーしてふつーに通過する自信がある人はいいと思いますが、そうでもないのに、大企業しか興味がないから、ベンチャーはいいやってのは考え直した方がいいと思います。

 

 

 

 

 

というのも、

 

ベンチャー企業というのは基本的に大企業にとってはリスクが大きいが、成功が見込める事業に手をかけています。グーグルやAmazonなんかもよく新しいIT事業に手を出すにあたって、それを専門としている企業を買収したりしますよね。

お金があるから買収はできますが、自ら手を出すのはリスクが大きいためそれはしません。

 

 

 

つまりこれが何を意味するのかというと、ベンチャー企業は常にチャレンジしています。技術や分野の最先端はベンチャーにあるということです。

 

 

 

この分野に触れることで自分の大きな成長につながります。

 

もちろん最先端ではありますが、成功の裏には大きなリスクを抱えているので、入社するのはとても大きなリスクを抱えることとなります。しかし、インターンであればそのリスクを負うことなく、最先端の事業に触れることができるのです!!

 

 

こう考えるとベンチャーインターンって魅力的だと思いませんか??

大企業の内定をもらっている人の中には、様々なベンチャーインターンに行っている人が多いです。

先端の技術や新たな分野のチャレンジに触れることでよりその業界についての知見が深まったり、考え方もより多様なものになります。

それが自らの武器となって大企業で勝ち抜くことができるのです。

 

 

 

 

これがきっかけとなってベンチャーインターン行ってみよーって人が増えると幸いです。

 

もちろん全てのベンチャーが良いというわけではないとは思いますが、、、