ありきたりクソブログ

つまらない日常から頑張って面白いこと探してます。真面目なことも書きたい。

楽しいことしたい。お金だいすき。

人生の今までの中で、一番の転機はなんですか?

 

f:id:cmarc:20170803213307j:plain

 

こんばんは。

 

今日は過去の一番大きな転機について自己分析します

 

 

私の思う一番の転機は高校時代にバスケ部をやめて、遊んでばかりいた時に先生の言葉を聞いて勉強し始めた時ですね。

 

その時の先生の言葉がなければ、勉強もおそらくしないで、大学にも行けてなかったと思います。

 

 

では順を追って思い出してみます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私が母校となる高校を選んだ理由は、「推薦で簡単に行けたから」でした。

学力的にちょうど良いし、高校受験をするのに勉強するのも嫌だしということでなんとなーくその高校に入りました。

 

 

そして、高校では、未経験のバスケ部に入りました。とても小さい中学だったので、中学時代は3つか4つくらいしか部活の選択肢がなく、そこでは3年間バドミントンをやっていました

しかし高校では部活数がめちゃくちゃ増えて、単純にバスケットをやってみたいと思い入部しました。

 

しかし全道大会常連レベルの強さの部活で練習も厳しく、何よりレベルの差が大きすぎました。周りには経験者しかいなく、なかなか練習にもついて行けません。

最初の1年を通して、ベンチ入りを果たすことはできたのですが、試合に出てもあまり活躍することができなく、そこで心が折れてしまいました。

練習もきついしみんなより上手いわけでもないのに、お金払ってなんでこんな辛いことしているんだろう、という考えになってしまって、1年が過ぎたころで退部することを決心しました

 

 

 

 

 

そうすると高校2年生からはすることもなくなり、遊んでばかりました、そこで遊ぶのにもお金が足りないということで、夏休みが始まる前頃にバイトをしたいと先生に相談しました(うちの学校は職員にバイトの申請をしないと働けませんでした)。しかし先生には「あんたはダメ」と言われ、渋々退散。

 

しかし冬休み前にもやっぱり遊ぶのにお金が足りないということでバイトの相談を先生にすると、先生はまたもダメだと言いました。なぜなのか深く聞くと、

あんたは勉強やればできるんだから勉強して、大学に行ったほうがいい。バスケ部はやめちゃったけど、正直、かなり練習時間で拘束されるうちのバスケ部やめたってことは時間もかなり余るんだからこれはあんたにとってチャンスなんだよ。と

 

 

私は何かしたくて高校に来たわけでもなく、バスケ部をやめてからというもの、高校生活に目的目標を持っていませんでした。なので特に何もせずぷらぷらしてたのですが、この時の先生の話を聞いて、何か衝撃を受けました。

 

 

私にも何かやれることがある、頑張れることがある、あんたはできる子だ。と言われた気がして、勉強を頑張ろう、と思えました。

 

 

 

 

 

 

 

今までテスト前は勉強していましたが、模試などは全く歯が立たないような人間でまともに勉強をすることもなかったのですが、先生の言葉が転機となり、2年の冬から猛勉強を始めました。

そうすることで、今まで100/240番未満だった私が、その大学に年間一人出るか出ないかくらいの志望校に合格することができました。

 

 

 

この先生の言葉がなければ、確実に高校時代の時間を無駄にし、今の私はいなかったでしょう。

 

 

 

 

 

以上です。