ありきたりクソブログ

つまらない日常から頑張って面白いこと探してます。真面目なことも書きたい。

楽しいことしたい。お金だいすき。

自動運転により自動車保険はなくなる!?

 

 

こんばんは

 

今日は損害保険について思ったことなんですけど。

 

最近自動運転が話題ですね。

 

f:id:cmarc:20170809183236j:plain

 

そこで思ったんですが、もし自動運転技術が進めば、事故がなくなるんじゃないかと。(もしくはかなり減る)

そうすると、運転手は安全だから事故も起こらないし、保険入る意味なくね??ってなるのではないかと。

 

 

 

そして、損害保険会社というのは、どこも、収益の半分くらいを自動車保険で賄っているそうです。

つまりその自動車保険がもぬけの殻となれば、収益は単純計算で半分減る!??という恐ろしい結果が待っているのではないか、と私は思っていました。

 

 

しかし、次の記事を見ることで、あ、自動運転にも弱点あるやん!リスクあるやん!ってなりました。

 

 

 

 

diamond.jp

 

後半を要約すると

「最近IoT化とか自動運転とか急ぎすぎではないか? というのも、インターネットにつながるモノが増えれば増えるほどサイバー攻撃の可能性は広がる。しかし、現時点でそれに対するセキュリティ対策が取れてなさすぎる。特に、自動車は不具合が起こればメーカーに訴えられるけど、ソフトウェアに関しては、PCが壊れてもメーカーを訴えられない。ソフトウェアベンダーはセキュリティ対策もしてないし無責任すぎ。ちなみにマイクロソフトはそのセキュリティ対策最近始めたから見習ってね」

みたいな感じだ。

 

 

 

 

そこでやっぱり思った。自動運転にもリスクあるんだ!!(二度目)

そして今真っ盛りのIoTにサイバー攻撃というリスクがあるのか!と。

 

 

つまりです、運転手のミスによる自動車事故そのものは減るかもしれませんが、サイバー攻撃によるリスクに関わる保険商品が作れるのではないかと考えました。

過去、ハッキングにより自動運転車のエンジンを止めることに成功しているそうです。つまり、サイバー攻撃を受ける可能性は十分にあるということです。

 

 

そして、もちろんこれは自動車だけでなくIoT全般に言えることです

 

 

これから、IoTが普及していくことで、セキュリティ面において、このサイバー攻撃というのは切っても切り離せないものになるのではないでしょうか。

 

つまりIoT製品全般において保険商品が作られる可能性がありますね!

 

しかし、それより先にセキュリティ対策がバッチリになる方が早い気もします…笑

 

 

以上です